ロゴ

ストレートアイロンの選び方を把握していこう

アイロンの失敗しない選び方

ヘアセット

アイロンの温度を確認する

ストレートアイロンを選んでいくにあたって、プレートの温度は重要です。プレートの温度は大体120~230度まで設定されています。熱が高ければ高いほどストレートにしやすいですが、あまりに高い温度で使用を続けていたら髪の毛にダメージを与えてしまう恐れがあります。一方で、低い温度だと上手くセットすることが難しいです。そのため、プレートの温度は最高で180度あるものを選んでいくと良いですよ。特に、細かい温度設定が出来るストレートアイロンは便利でしょう。

プレートの幅と長さ

ストレートアイロンの一部分であるプレートは、髪の毛を挟んでいく金属板のことで非常に大切な部分となっています。温度と同様にストレートアイロンを選んでいく上で重要なポイントと言えるでしょう。このプレートの幅が広いと多くの髪の毛を一度にストレートに出来る特徴を持っています。なお、ショートヘアの場合は細いタイプが良いと言われており、幅がそんなに広くないプレートの方が火傷をする可能性が少ないのでおすすめですよ。また、プレートが長い方がセットの時間短縮になるメリットを持っています。

プレートの材質

実は使用しているプレートの材質にも色々な種類があるのです。その中でもチタニウムやセラミックスを使用しているストレートアイロンが良いですよ。チタニウムやセラミックスの材質は熱伝導がスピーディーで加熱時間が短い点も持っています。加えて、髪の滑りが良く傷つけにくいので、ぜひ活用してほしいプレートですよ。プレートの良し悪しによって、ストレートの決まり具合が変化していくので、この材質までチェックした方が良いでしょう。

口コミや評判も参考にしよう

ストレートアイロンを選ぶ際に、実際の商品の口コミや評判もチェックしてみることです。実際に利用している人たちの生の声を確認することで、使いやすさやセットのしやすさなどが分かるでしょう。また、評判が良くないストレートアイロンなどを事前に回避することが可能ですよ。このように、良いストレートアイロンを購入するためにも色々と情報を集めていくことが大事になります。しっかりと選ぶことによって、長持ちの良く綺麗な仕上がりにしてくれるストレートアイロンをゲット出来るでしょう。

しっかりと良いものを選んでいこう

質の悪いストレートアイロンを選んでしまうと、すぐに壊れてしまったり想像以上に髪にダメージを与えてしまったりしてしまいます。あわせて、使い古したストレートアイロンもプレートの状態が悪くて髪の毛が上手く滑らない、綺麗にストレートにならないなどの問題が発生してしまいます。このようなトラブルを回避するためにも、良いストレートアイロンを愛用していきましょう。最近では通販でも販売されているので、色々とチェックしていくと良いですよ。

ストレートアイロンの使用でよくある疑問

上手なストレートを作るためにはどうしたら良いですか?

綺麗なストレートヘアを作っていくためには、アイロンをする前の準備が大事になりますよ。最初に髪の毛をブラッシングして整えていきましょう。そのあとは髪の毛をアイロンで挟んで、毛先に向かって滑らせていくことです。その際はゆっくりすることがポイントです。また、毛先を引っ張りながらアイロンをしていくと、よりストレートが作りやすいですよ。

濡れている髪でも使用することは出来ますか?

アイロンを使用する際は、必ず髪は乾いた状態で行ないましょう。もし濡れた状態のままアイロンをやってしまうと、髪の水分を飛ばしてしまう恐れがあります。髪の水分が飛び過ぎると、髪を傷つけてしまうで注意が必要ですよ。気を付けて使用していきましょう。